2017年12月18日

その日の気分によって「今日はiPhone、明日はAndroid」などSIMカードを入れ替えて使うなんてu-mobileで可能でしょうか?

複数のスマホやタブレットを持っている時、1枚のSIMカードで使いまわし出来るか?と思ったことはありませんか?
umobile.jpg


SIMロックされていないスマホ

格安なSIMカードを契約して使う場合には、スマホ側でSIMロックされていない機種でないと使うことが出来ません。
iPhoneの場合は、iPhone6S以降の機種iPhone7,8,xでしたら6か月経過後各ショップでSIMロックの解除を有料(税込3,240円)でしてくれます。
web上でmyページなどから無料で解除することも出来ますが、Softbankの場合は他社のSIMカードを用意するなど面倒な作業がありますので十分調べてから行ってください。
5e3451b75566cf4f43e42962c24e03c7.png

<例外>
格安SIMのほとんどはdocomo回線を使っている為、docomoから購入しているスマホはSIMロック解除しなくてもそのまま使えます。
また、au回線を使っているmineoやBIGLOBEなどのSIMカードの場合も同じ理屈で、auから購入していたスマホにau回線のSIMカードを入れると使うことが出来ます。
softbank回線の場合はサブブランドのYモバイルとは違う回線を使っている為、唯一b-mobileのソフトバンクネットワークがsoftbankで購入したiPhone,iPadで使えます。
※電話をしないデータ専用SIMでは、u-mobileのU-mobile Sサービスで過去Softbankより購入していたiPadやiPadminiが使えます。

SIMロックされていないスマホで!
格安SIMが使える端末は「SIMロックされていないスマホ」ということを理解いただけたと思います。
では、SIMロック解除されているiPhone7にSIMカードを刺し、翌日SIMロック解除されているiPhoneSEにSIMカードを入れた場合にどういったことが起こるのでしょう?

◎電話はSIMカードで認識しますので、SIMカードを入れた端末ですぐに使え問題ありません!iCloudで同じAPPLEIDを使っていれば連絡先も同期されています。
◎端末側に入っているアプリが違います。右矢印1まったく同じ使い方をしたい場合は、APPSTOREより同じアプリをダウンロードしておく必要があります。それでもHOME画面のアプリ配列は同じにはなりません。ちょっと面倒ですね!

次に、iPhone7からAndroidスマホにSIMカードを差し替えた場合はどうでしょうか?

◎電話は、iPhone同士と同じでSIMカードを入れた端末ですぐに出来ます。問題は、電話帳(連作先)です。
◎Androidの連絡先は、Gmail連絡先と連動しますので普段からGmail連絡先をiPhone7側で同期している人は、Android側で同じGmailアドレスを使っていると同期されます。
◎アプリはまったく別物!当然のことですが、iOSのアプリとAndroidのアプリは別々に作られている為、同じ名前のアプリでもiPhoneにはAPPSTORTEよりダウンロードし、AndroidにはGooglePlayよりダウンロードしないとなりません。
iTunesでダウンロードした楽曲は、Android端末では聞けません。パソコンを介してWindowsメディアプレイヤーなどにiTunesの楽曲をコピーしてからAndroid端末と接続して再度コピーするなど結構面倒な作業が必要です。

まとめ
実際にiPhone7PLUSに入れた格安SIMをAndroid端末に差し替えて使うには、ほぼ同じアプリを事前に入れておきHOME画面も同じレイアウトにしておくなどの準備をすれば、その翌日にiPhone7PLUSにSIMを差し替えて使うなど出来るようになります。

1枚のSIMカードを使いまわしすることは、上述のように結構面倒な作業が必要です!

<複数端末維持のオススメ>
SIMカードを出したり入れたりすると傷がつくなどのリスクもあります。
スマホやタブレット端末を複数所持する場合、何通りかの方法があります。
(1)モバイルwifiルーターの活用
aterm.png
インターネットの閲覧などのモバイルデータ通信では、10台繋がるモバイルwifiルーター(格安SIM)がオススメです!
BGIGLOBEではAterm MR05LNを970円/月で提供しています。




(2)u-mobileのデータ専用SIM
電話番号はガラ携でもいいので今まで通りとし、インターネット閲覧するスマホやタブレットに「データ専用SIM」を使うことが効率的で安価に維持出来ます。
youtubeなど動画を毎日見られるかたは、「LTE放題(2,480円/月)」を
たまにしかインターネットやメールを見ない人は、「1GB〜3GBのダブルフィックス(680円〜900円/月」を!
お申込みは、こちらから!




(3)大容量SIMカードの複数契約
1つの電話番号で1つのSIMカード契約が一般的なのですが、端末が複数ある時に同じ契約でSIMカードを複数もてる場合があります。
BIGLOBEでは、SIM発行手数料3,000円で複数枚のSIMカードが持てます。
イメージ的には、docomoのシェアパックみたいで複数人ではなく複数台のSIMでデータを分け合えます。
たくさん端末を持っていても契約がシンプルに1つで済むこともメリットですね!

いかがでしたでしょうか?
画面の設定を考えたらば、iPhoneは同じiOSの端末とAndroidはAndroid端末同志で使われることが賢明かと思われます。
posted by oosakazamurai at 12:37| 格安SIM

2017年12月14日

今、どれくらいの通信量を使っているのか?確認する方法を2,3教えます。価格についても気になりますね。

スマホやタブレットでモバイルデータ通信をしていると、契約しているデータ通信量をどれくらい使っているか?気になりますね!
IMG_0357[1].png

端末(iPhone)確認方法
さっそく自分のiPhone7PLUSでデータ通信量を調べてみました。

歯車アイコンの「設定」右矢印1モバイルデータ通信を開くと上記の写真のようにモバイルデータ通信の下の方に「現在までの合計 8.0GB」と表示されました。

さて、これはいつからいつまでのデータ通信量なんでしょう?

画面を上の方へスクロールしていくと、各アプリごとのデータ通信量が出て来ます。
IMG_0358[1].png

一番下までいくと、「統計情報のリセット」と青字で表示されていますのでそこをタップすると再スタートするしくみです。
(前回のリセット日時::2016/09/30と表示されていましたので、昨年iPhone7PLUS購入したときからリセットされていないことを現わしているのです。)

iPhone(iOS11.2)では、月々のデータ使用量を知るには毎月月初にリセットする必要があるということでした。


端末(Android)確認方法
Android端末はどうでしょうか?
色々なバージョンがありますのですべてに適合するか?はわかりませんが、「設定」画面で確かめてみましょう。
設定.jpg
こちらは、Zenfone3Laserの設定画面です。
上から5番目に「データ通信量」とありますのでタップしてください。
データ使用量.jpg
このように月初からどれくらいモバイルデータ通信をしているか確認できます。上限の設定も可能です。

比較してみるとAndroidの方が確認しやすいということになります。

キャリアのマイページで確認
今までは端末の機能での通信量の確認でしたが、そもそもSIMカード契約をしている会社が提供するマイページでの確認があります。

My docomoからの確認はこちら
https://www.nttdocomo.co.jp/charge/online/data_traffic/

My auからの確認はこちら
https://www.au.com/support/faq/view.k1204030008/

My softbankからの確認はこちら
https://www.softbank.jp/mobile/support/procedure/data_traffic/confirmation/

各キャリアとの契約金額を確認するのもmyページからできますので、通信量確認もmyページより行って下さい。

通信量の多い方へ
さて、スマホやタブレットなどでモバイルデータ通信をする方で、毎日youtubeを見る方などは5GBとか7GBでは通信量をオーバーして通信制限となってしまいます。

そんなたくさんモバイルデータ通信をする方向けに、大容量の通信量を家族でシェアする契約が増えてきました。
docomoは、ウルトラシェアパック50GBで16,000円、100GBで25,000円などです。

auは、スーパーデジラデータ定額20GBで6,000円、30GBで8,000円など。

softbankは、ギガモンスター20GBで6,000円、ウルトラギガモンスター50GBで7,000円(初年度500円引き)。

単純比較するとSoftbankのウルトラギガモンスターが一番いいですね!

でも、LTE使い放題というプランは無いんです!

MVNO各社で提供されているLTE放題は、もっともっとお得です。
本サイトで過去色々とご案内していますが、u-mobileのLTE放題はリーズナブルな価格2,980円でLTE使い放題と音楽聞き放題のUSEN MUSICを提供しています。
HPをご確認の上、是非検討してみてください。




posted by oosakazamurai at 11:01| 格安SIM

2017年12月06日

端末はセットで購入した方がいいのか?SIMカードだけ購入した方がいいのか?その場合のメリットある端末は?



今、ドコモ、au、ソフトバンクと契約している方で格安SIMにしようか?と考えている方にお伝えします。

SIMカードだけの購入
iPhone6S,7などを使っている方は、そのままiPhoneを使い続けSIMカードだけを購入するケースが多いと思います。
新品のSIMフリーのiPhone8やXなどはAppleストアより購入出来ますので、その場合もSIMカードだけを別途購入することになります。
SIMカードの相場は、月3GB程度で音声プランでしたら1,800円〜2,000円(税別)程度で各社横並びです!
差別化をするとしたら、キャッシュバックのあるプランを選ぶなどの方法があります。

自分で調達したSIMカードをiPhoneなどに挿入する場合、今から使えるようにプロファイルを入れる必要がありますがとっても簡単です!
iPhonesettei.png
こんな感じです!(u-mobileのHPより抜粋)

Androidの場合は、「設定」から「APN設定」を選択して説明書通りに変更して保存するだけです。

慣れてくれば、複数のSIMフリー端末をその日の気分で差し替えて使うなどということも可能です。

始めての方は多少不安があるかもしれませんが、それ程難しい設定ではありません!


スマホとSIMカードのセット

始めて格安スマホとSIMカードにする場合は、スマホとのセットを選択する方がメリットが高いと思います。

右矢印1その理由は、端末代金の値引きをしてくれる会社が多いからです。

(管理人がYモバイル3台目を購入したときは、ビックカメラでZenfone3Laser本体価格が15,000円引きと聞いた時でした。)
24か月で端末代を支払う場合、30,000円であれば月々1,250円となります。
仮に1,800円/月のSIM代金だとすると合わせて3.050円×24回払いということになり73,200円が総支払金額となるのですが、そこから15,000円引いてもらうことになるのでとってもお得でした!

楽天モバイル
選べる機種が15機種と多いようですが、3年契約にすると端末が安くなるというちょっとイレギュラーな感じです。2年ごとに端末を取り換える方にはちょっと・・・と思ってしまいますね!

BIGLOBE
BIGLOBE5.png
14機種より選択出来ますが、特筆すべきは15,600円のキャッシュバックがあることです。

Nifmo
nifmo.png
9種類から選べますが、3GBか7GBの契約で10,100円のキャッシュバックがあります。

u-mobile
u-mobileset.png
5機種のように見えますが、ヤマダ電機から販売されているEvery Phoneは6種類あります。

Yモバイル
オンラインストアのタイムセールで型落ちのスマホを激安で処分しているようです!

UQモバイル
指定の8機種を契約すると10,000円〜13,000円のキャッシュバックがあるそうです!

※スマホをセットで購入するとAPN設定などを自分ですることなく使えますので、初めての方はセットでの購入をオススメします。

スポンサーサイト


posted by oosakazamurai at 11:34| 格安SIM